Sissy

 Sissy 7th Anniversary Special Talk

佐藤公彦インタビュー
松田栄作と出会った時の話があるんです。

ー結成当時の話をおしえてください。

佐藤公彦1

ー結成当時の話をおしえてください。

佐藤 最初に松田栄作と出会った時の話をさせてください。自分の同級生の後輩が松田栄作なんですけど、スタジオで合わせるということになってスタジオ入ってたんですけど、スタジオのドアを開けた瞬間に「ちぃーっす!」って入ってきて、こっちは原ちゃんと「大丈夫かなぁ!?」ってなったんですけど、バンドで音を合わせた瞬間に、すげえなぁ、いい歌を歌うなぁって思いましたね。そこからベースのしめちゃんを誘うことになるんですけど、コンビニで3人でいたんですけどおでんをほおばりながら、原ちゃんがベースやってくれない?ってしめちゃんを誘ってて、そのことを今でも鮮明に覚えていますね。

ー初ライブはいつやったんですか?

佐藤 結成してライブを決めたらそこに動くしかないって思って、じゃあ結成した翌月にライブやろうって。曲も全然ないんで必死こいてやってましたね。初ライブはどうだったんですかね。緊張したと思いますよ。たまにそのライブ映像を見るんですけどガッチガチだなって思いますね。そこは初心に帰るじゃないですけど時々見たりしますね。ガムシャラだったなって。

ーオーディションを受けた時のエピソードを教えてください。

佐藤 結成して1年経って、自分たちのバンドの力を試したいねってなって、オーディションがあるらしいって情報を頂いてせっかくだからじゃあ応募しようよって軽いノリで受けたんです。そこで準グランプリ(グランプリ不在のため実質1位)をとって何事も挑戦は必要なんだなって思いました。

ー1stシングルReady Go!の時のエピソード教えてください。

佐藤公彦2

ー1stシングルReady Go!の時のエピソード教えてください。

佐藤 大丈夫かなっていう不安と気持ち的にも追いつけてるか、必死だった感じですね。とりあえず良いものを録ろうとしか考えてなかったです。

タイアップのついたアニメの初回の時に会社のでかいテレビ画面で、自分たちの名前が書いてあって、「ここにやっと出ることができた!」っていう感動が大きかったです。みんなで「おぉー!!」ってなったのは凄く覚えています。

ー最初のワンマンライブのエピソードを教えてください。

佐藤 渋谷のプレジャープレジャー(現マウントレーニアホール)で応援してくれるファンのみんなが「おめでとう!」って白い幕みたいなものを作ってくれて「凄い!!」って思って、あぁこうやってファンのみんなと一緒に歩いていくんだなって強く思いましたね。

12/18より続き公開中!!

ー赤坂ブリッツでのライブはどうでしたか?

佐藤 会場を満員にしたい気持ちで臨んでいたので悔しい気持ちはありましたね。応援してくれる人たちや仲間、みんなが支えてくれてそこは自分たちにとって嬉しかったし、みんなで切磋琢磨して行きたいなぁって気持ちがありました。

ーそこから渋谷公会堂へのライブに向かうことになると思うのですが

佐藤 「えー!?」みたいな気持ちもありましたけど、自分的には何事も挑戦をしていきたいっていう、まぁ好奇心旺盛なだけかもしれないですけど、ここはもう自分たちの本気度じゃないですけど、バンドとしてどれだけ音楽に向き合えるのか、そういうご機会をいただいたいなって感じです。

ー当日はいかがでしたか

佐藤公彦3

ー当日はいかがでしたか

佐藤 佐藤 その時期は12月、1月、2月、3月は毎日路上ライブやっててめちゃくちゃ寒い中、駆けつけて来てくれるファンの人たち、初めてチケットを買ってくれる人たち、色んな感情がガーっと溢れ出て来て、もうなんですかね。本当に色んな感情が出てきましたね。終わったあとはやっぱり何かしらの安心感、達成感みたいなものはありましたね。

あとは、少し時間が経って冷静になればあの時こうしていればとかそういうものは、もしかしたらあったかもしれませんね。1回目はソールドアウト届かず、絶対に次はソールド目指すぞって気持ちでその中で次のアルバム作ったりさせて頂く機会を頂いて、必死だった、必死なんですけど結果が追いついてこない。そこにまた悔しさがあったりだとかして。うーん、、まだまだ甘えちゃいけないんだなって凄い染みましたね。

で、その時に東海道五十三次(*原理史インタビュー参照)をやって京都から東京日本橋までやったんですけど、そこは良い修行の場だったなって思いますね。応援してくれる人のあったかい言葉が救いで廻ってこれたかなって思います。

ー長く所属した事務所を離れることに
なりますね

佐藤 いろいろとやってもらっていたことが沢山あって、そこに甘んじていたと思うんですよね。改めて、離れてみて感じましたね。だからその時にもっと自分たちのやれることがあったと身に染みていて、だから後悔だけはしたくない、そういう日々を過ごしていきたい。
今のグローブ座に向けても、だからこそ本気の4人の底力が見えると思います。楽しみにしてほしいし、楽しみたいという思いです。

ー最後に佐藤公彦がSissyをやっていく理由は

佐藤公彦4

ー最後に佐藤公彦がSissyをやっていく
理由は

佐藤 まだまだやり残したことが凄いあるなっていう。今だから思うんですけど。夢を叶えたくてもちろん上京して。描いた夢に全然辿りつけていないっていうのは凄くあるので、そこにぜひみんなもついて来てほしいし。そう思うと可能性はめちゃくちゃあると思うんです。僕は。

ーグローブ座が終わったあと
何を感じるんでしょうね

佐藤 結構なものを背負ってるなって思うんですよね。長く続けてる分。だから止まってしまったら応援してくれるみんなに申し訳ないっていう気持ちじゃないですけど、もっともっと大きくなっていく自分たちを見てほしんですよね。松田栄作の夢の続きを見たいんですよね。

Sissy 7th Anniversary
Special Talk

スペシャルインタビュー
松田栄作 公開中!!!

インタビュー1

スペシャルインタビュー
 原理史 公開中!!!

インタビュー2

NEW スペシャルインタビュー
 示村俊人 公開中!!!

インタビュー3

NEW スペシャルインタビュー
 佐藤公彦 公開中!!!

インタビュー4

本番までスペシャルコンテンツを
続々アップ致します!

要CHECK !!

pagetop